デイタイムランプ ミラーカバー

<スポンサーリンク>

k11マーチに乗っていた頃から、あこがれていたのがLEDのウィンカーがついたドアミラーカバーだよ。

最初はベンツぐらいにしか付いていなくて「なんでこんな所にウィンカーが!かっこいい!」って思っていたけど、最近は本当にメジャーなパーツになって、どのメーカーのクルマもオプションパーツとして購入できるようになったね。
確かに、高い位置にウィンカーがあると対向車からはっきり見えて安全だし、見た目にも安全にもいいナイスなパーツだと思います。

で、せきねさんもk12のマーチには絶対付けようと決めていたので探してみることに。

日産純正のオプション品もあると言えばあるんだけど


↑ディーラーオプションの旧型


↑ディーラーオプションの新型。

どうでもいいけど、どちらも高い・・・(工賃込みの値段だからなんだろうけど)

だけど、どうせならメッキのミラーカバーにLEDが付いていた方がいいので、純正品はやめてメッキのものを探すことに。

さらに、どうせLEDが光るなら曲がる方向へ流れるように光るタイプのLEDがいいなと思って、探してみると・・・

あった!あった!


↑「イルミネーションミラーカバー」

これ、怪しいメーカーではなくて多くの自動車用のヘッドライトユニットを作っている「市光(ICHIKOH)」が販売している商品だからとっても信頼できるよ。k12マーチの純正のヘッドライトユニットやテールライトも「市光(ICHIKOH)」製だよ(ユニットの端の方を見るとICHIKOHって書いてある)。

オートバックスとかでも売っていて、車種別だからすごく完成度が高くてしっかりしているよ。
ただ、いい物だけあって値段も定価29400円と社外品の中ではお高くなっているよ。(純正品よりお得だけど)

で、これにしようかと思ったけど市光からさらにもう1つ面白い商品が出ていたので
色々悩んだ結果・・・


↑「デイタイムランプ ミラーカバー」を購入!

そう、「ウィンカー」じゃなくて「デイタイムランプ」のタイプがあったのでこっちにしちゃいました。
だって、よく考えたらウィンカーだと曲がる時しか光らないけど、デイタイムランプならずっと光ってくれるからね(できることなら、ウィンカーとデイタイムランプの両方の機能がついた物を発売してください市光さん・・・)。

「青色LED」と「白色LED」の2タイプあったので、もちろん青色LEDにしました。

中身は・・・


↑こんな感じ。
配線には「GEEユニット」と言う物が付いていて(画像の上の方の黒いユニット)

##### 市光の売り文句より #####
LEDには、「電源が入った瞬間がもっとも明るい」 という特性があります。 GEEユニットは電源をコントロールすることで LEDの特性を生かし、発光輝度のピークを保ちます。 これによりLEDの常識を超えた明るさと輝きが実現しました。
##### ここまで #####

確かにこれ、本当の話で半端じゃなく明るいです。

ではでは、取り付けることに


↑まずは「ドアミラー」を取り外します。(せきねさんのマーチは残念ながら電動格納式ではありません)
内張りをはがして、配線を外してナットを3つ緩めるだけです。


↑ドアミラーだけをお家に持って帰ってきて、ミラーの部分を取り外します。下側から気合いでミラーを引っ張ると外れます(上側はひっかかっているだけなので、割らないように)。

で、本当はユニットの内部から外側に配線を出す為にドリルで穴をあけないといけないんだけど、ユニットのそこの方に・・・


↑雨水用?の穴があいているので、それを利用することにしました。(ちょびっと社外に配線が出てしまうけど、ミラーの底の方なので、下から見ないと分からないので。)


↑雨水用?の穴から配線を通して、ドアミラーユニット内部をイライラしながら頑張って上手くドアミラーの付け根の方まで配線を通して行けばOK。

あとは、カバーを両面テープで取り付けて


↑車両に取り付けて、配線を上手いことすれば(せきねさんはご覧のように適当…)完了。


↑ウィンカーではなくデイタイムランプなので、常に電気が流れている所ということで、せきねさんは電動ドアガラスモーターのスイッチの部分から電源をとりました(テスターをつないで、どれがドアガラスモーターの配線か調べました。どの色のコードだったか忘れちゃったので、いつか調べてここに載せますね)。

では、取り付け後の画像をご覧あれ


↑昼間でもピッカピカ!(デイタイムランプだからそりゃそうだけど。それにしてもかなり明るい方です。)


↑運転席側。ブリリアントブルーのマーチには青色LEDがよく似合います。


↑取り付け前。


↑取り付け後。
正直、見比べると取り付け前の方がしっくり来ているように見えますけど「メッキパーツは組み合わせが大事」ってことで、まだまだこれで終わるつもりは無いのでとりあえず。


↑取り付け後。
サイドはメッキパーツが増えてきて、なかなかいい感じ。


↑メッキパーツ何もなし。


↑「サイドマーカーリング」と「ドアハンドルカバー」取り付け後。


↑「サイドマーカーリング」と「ドアハンドルカバー」と「サイドモール」取り付け後。


↑「サイドマーカーリング」と「ドアハンドルカバー」と「サイドモール」と「ドアミラーカバー」取り付け後。

どうよ?
メッキパーツも増えてくると結構いいもんでしょ?(好みによるか?)

デイタイムランプは、昼でも明るいってことは
夜も明るいってことで、夜は本当に驚異的な明るさです。っていうか、驚異的な「青さ」です。

ガードレールが「真っ青」になります・・・
ドアミラーだから、位置が高いと言うこともあって、隣を走っているクルマが白いクルマだと隣のクルマが「真っ青」になります。・・・

相当目立つし、ある意味お隣さんに目をつけられるので(ドアミラーの位置的に隣のドライバーの顔が「真っ青」になることもあるので・・・)、多少の覚悟が必要です。

そう言うこともあるせいか、普通に売っている割には、意外と付けている人が少ないパーツです。
でも、かなりおすすめ。夜は楽しい。

箱の正面にでかでかと書いてあるように「車検対応」なので問題ないはずですが、まだ認知度が低いせいもあって、
ディーラーで車検をお願いした時に「これはたぶん通らないので、取り外してください」って言われちゃいました。
正確には、問題は無いんだけど(ヘッドライトメーカーの市光が言っているくらいだから)まぁ、ディーラーに迷惑をかけるとかわいそうだし、コネクタを外すだけで消えるので、車検の時だけコネクタを外して通しました。

定価:39900円
購入価格:29900円
取付日:2006年5月6日

スポンサーリンク