メッキリアバンパーモール

リアの外装にもメッキパーツを増やして行こうと言う事で・・・

だいぶ前から計画していて、狙っていたパーツがヤフーオークションに安く出品されていたので落札!


↑前期型のRafeet用「メッキリアバンパーモール(メッキオーバーライダーとか言ったりもする)」。(中古で3,100円と安かった♪)


↑裏側。

ちなみに、このリアバンパーメッキモールには2種類あって
ひとつは・・・


↑前期用の「太め」のメッキリアバンパーモール。(せきねさんが買ったのはこちら)

ふたつ目が・・・


↑中期以降用の「細め」のメッキリアバンパーモール 。
取り付け位置も前期用と比べると、少し下に取り付けているのが分かるかと思います。

中期型以降のマーチのリアバンパー形状が微妙に変わった為に、メッキモールの形状も変更されたのだと思う(たぶん…)
それぞれ自分のマーチに合わせて買った方が無難です。

で、中期以降用は知らないけど
前期用のこのメッキモールには・・・


↑パーツの周りにぐるっと一周「ゴム枠」が付いているんだよね・・・。
こんなかなり太めの「ゴム枠」なんてダサいだけだから付けなきゃいいのに・・・
しかも、はじめの内はいいけど年月が経つと「変色」したり汚れが落ちなくなったりと、せっかくのメッキパーツが「ゴム枠」のせいでかっこ悪くなってしまうのです。
(「ゴム枠」の色はボディカラーによって「灰色」とか「ブラック」とかあるようです。)


↑「ゴム枠」の裏側。
そもそも、バンパーに穴をあけてボルト止めしているくせにこんな太い「ゴム枠」いらないだろ・・・


↑メッキモールにはボルトが・・・


↑9本も付いてる・・・(なぜにそこまで頑丈に? 笑)

せきねさんは、バンパーに穴をあけるの面倒だし、こんなパーツをボルト止めする必要性が分からないので・・・


↑マイナスイオンドライヤーであたためながら、ぐりぐりやって・・・


↑全部取ってやったゼ!(っていうか、ボルトとボルトを固定してある金具自体は両面テープで固定してあります・・・)

「9個」全部取ったら、メッキモールが軽くなったこと軽くなったこと・・・(このボルト&金具がパーツを重くしている)

で、「ゴム枠」と「ボルト」取ったメッキモールが・・・


↑こちら。
「ゴム枠」が無い方がやっぱりスッキリ。


↑裏側。このパーツ自体は必ず「ボルト」で固定しなければならない程そこまで重くありません。

で、せきねさんお得意の・・・


↑「両面テープ 」の出番です。(こいうパーツこそ両面テープで止めるべきかと)
裏側にぐるっと一周「両面テープ」を貼って行きます。

で、取り付けは「貼る」だけなので簡単なのですが
でも、どの辺に貼り付ければいいのか、結構迷って何度も微調整しました(遠くから離れて見てみたり・・・)。

さて、取り付け前と取り付け後で見比べてみると・・・


↑取り付け前。


↑取り付け後。


↑取り付け前。


↑取り付け後。


↑取り付け前。


↑取り付け後。(まばゆい!)

う〜ん、好みによるけど
リアだけ見ると、取り付け前の方が「スッキリ感」があるのは確か。
でも、メッキパーツは組み合わせて使うと効果的なので
斜め後方から見るとドアのメッキモールとつながりがあって全体的にメッキパーツの「一体感」が増した気がする(と思いたい)・・・


↑取り付け後。


↑取り付け後。


↑取り付け後。


↑取り付け後。


↑取り付け後。(ゴム枠ないからスッキリ♪)

インパルマーチでこの「メッキリアバンパーモール」を付けている人は少ないと思うので(それが狙い)
なかなかレアでおススメです。
(特にボディカラーが濃いブルー系だとメッキが目立つ)

あ、固定は本当に「両面テープ」で十分です。

以上、メッキリアバンパーモール取り付けでした。

・購入価格:中古で3,100円(ヤフーオークション)
・取付日:2008年11月23日
・このページを書いた日:2010年5月7日

<スポンサーリンク>