スモークフィルム

<スポンサーリンク>

せきねさん、スモークフィルムにはそんなに興味はなくて、絶対車内が見えないように真っ黒のフィルムを貼りたいとかそういうのはあまりないんだよね。
そもそも、フィルムなんか貼ったら運転しづらいし。
もちろん、フロントのドアガラスは貼ったら違反になるので貼る気はない。

でも、リアのガラス(3面)にフィルムを貼ることにしました。

理由はかわいい愛犬の「スヌーピー」がなるべく日焼けしないようにするため、ただそれだけです。
かわいい愛犬のスヌーピーの黒い耳とか目とか鼻とかが、クルマに置いておくと色あせて、緑っぽくなってしまうんだよね・・・

K12マーチは一応UVカットガラスだから多少ましな方だけど、それでもやっぱり直射日光を受けるとそれなりに色あせるからね。(K11マーチのリアガラスはフルノーマルだったから、何もかも日焼けしてしまった・・・)
リアのスピーカーとかも日差しが強いとどうしても、傷んでしまうからね。

本当は屋根付きの日差しをカットできるガレージにクルマを止められれば何の問題もないんだけど、常に太陽光線があたる駐車場なので・・・涙(いつかはきっと・・・)


↑せきねさんのマーチの車内。
スモークを貼っていない方が明るくて良いのだけど、場合によってはちょっと明るすぎるかも・・・
スモークフィルムを貼って、サンルーフを取り付ければちょうどいい明るさになるかな・・・(矛盾している?)

フィルムは普通リア3面を貼るのであれば、3面とも同じ種類の同じ色のフィルムを貼るのが普通だし、その方が安いんだけど
せきねさんは普通ではないので・・・

リアサイド2面は、紫外線だけでなくて赤外線もカットしてくれるハイグレードなフィルムでより効果の高い黒いフィルムにしました(って言っても全く見えない真っ黒は嫌なので、それなりに見えるぐらい)。(サンバリアって種類のフィルムで一番濃いやつ。)

で、リアガラスも本当は赤外線をカットしてくれるサンバリアにしたかったんだけど、比較的濃い色しかないので断念(クリヤーはあったけど)。
そう、リアガラスを真っ黒にするのはどうしても許せないのですよ。
せきねさん自身がクルマを運転していて前を走っているクルマのリアガラスが真っ黒のスモークだと本当に走りづらいんだよね。
せきねさんの運転技術の問題もあるけど、でもやっぱりどう考えたって、前を走っているクルマのガラスが真っ黒なのとそうでないのとでは走りやすさや、急ブレーキをかけた時(たとえば2台前のクルマが急ブレーキをかけた時とか)の追突の危険度は明らかに違うと思う。

誰でも、何回かは運転していて追突しそうになって「危ない!」って思ったことはあると思うけど、そう言う時せきねさんの場合は圧倒的に真っ黒のスモークを貼っているクルマだったりすることの方が多いよ。

自分が真っ黒のフィルムを貼って、追突されるのも嫌なので、リアガラスはそれなりに車内が見えるフィルムを貼ることにしました。
それに、真っ黒のフィルムだと車内のスヌーピーとかが外から見えなくなってつまらないし、KENWOODの超レアなスピーカー(KSC-7070)のイルミネーションが外から見えなくなったらもったいないからね。

フィルムは自分で貼って気泡が入ると悲しいので(免許取りたての頃にチャレンジしたけど、やっぱり湾曲したガラスにフィルムを貼るのは素人には困難)、カレスト座間で貼ってもらいました。

↑カレスト座間の待合室にて撮影。正面のデカイ機械にフィルムを入れるとマーチのガラスの大きさに自動的に裁断してくれるらしくて、見ていて面白い。
手前に見えるグリーンのフィルムをリアガラスに貼ることにしたよ。

グリーンのフィルムなら純正のガラスっぽくていいかなぁ思ってさ。


↑自分のクルマのピット作業って見ていて面白いね。
でも、隣に座っていた夫婦の会話が聞こえて来たよ・・・

妻:「あぁーあ、こんなクルマでも初心者マーク貼ってるんだね・・・」
夫:「初心者マークはっていてもこんなクルマなんだね・・・」

せきねさん:「・・・(他人のふり)」

で、作業時間は多少乾燥させるために放置する時間も含めて3時間でした。

では、見比べてみると・・・


↑フィルム無し。


↑フィルム有り。


↑フィルム無し


↑フィルム有り。

リアサイドガラスはもともと淵がブラックなのでブラックのフィルムで一体感が出てがよく似合うね。
フィルムはサンバリアのダークスモーク(可視光線透過率15%、熱線(赤外線)カット率90%、UV(紫外線)カット率100%)です


↑フィルム無し


↑フィルム有り。

リアガラスはもうちょっと薄い純正のグリーンガラスっぽいグリーンを想像していたんだけど、ちょっと緑過ぎたな・・・
フィルムは東レのルミクールGR-60HCライトグリーン(可視光線透過率58%、UV(紫外線)カット率99%)です。


↑フィルム無し


↑フィルム有り。

まぁ、外側の見た目的にはやっぱりブラックのフィルムを貼った方がガラスがすっきりした感じになってかっこいいね。
ちなみに、リアのハイマウントストップランプ部分は通常は、フィルムをくり抜いて貼るそうです(ストップランプが見えづらくなるので)。
せきねさんは、より明るいLEDタイプのハイマウントストップランプを取り付けるつもりだったので、あえてくり抜かずに全面に貼ってもらいましたが、貼る前に一応一筆用紙にサインしないと、全面に貼ってくれないみたいです。

雨の日は・・・


↑こんな感じ。
スモークフィルムを貼ったことの副作用で、フロントガラスとフロントドアガラスが、スモークフィルムを貼る前と比べて、ガラスがよりグリーンに見えるようになりました(雨の日は特に)。
車内が暗くなったので、グリーンがより強く見えるようになったんじゃないかなぁと思います。

購入価格:
リアサイドガラスが工賃込みで20790円
リアガラス工賃込みで1枚6825円x2枚で13650円
全て合わせて34440円(普通のフィルムのみで3面貼った場合には23940円、サンバリアのみで3面貼った場合は32550円とのこと)

取付日:2007年7月22日

<スポンサーリンク>