「せきねさん家」へもどる

Apple PowerBook 550c




















































































製造メーカー名
Apple Computer
名前
PowerBook 550c
定価
700,000円ぐらいしたらしい。恐ろしい値段だ。
私が買った値段
中古で200,000円
発売時期
1995年7月
買った日時
1997年6~7月頃
買った所
秋葉原のソフマップ
呼び名
PowerBook
デザイン
最高!PowerPCの入ったPowerBook DUO2300cとどちらを買うか迷ったのですが、この完璧なデザインに引かれてこちらを購入しました。
現在発売されているPowerBook G3シリーズのデザインはPowerBook 500シリーズのデザインを復活させた物と言っていいでしょう。
ブラックはPowerBook 500シリーズで550cのみ。550cは日本限定発売。
中古品でちょっと擦り傷があるので高校の時にカッティングシートで一部をシルバーにしました。3Mのとても薄いカッティングシートを使用したので、このパソコンを知らない人は意外とカッティングシートを張ってあることに気付きません。
使い心地
「Macを持ち歩きたい」という思いで購入しました。当時高校の生徒会の会報を作るために使用していました。3kgと非常に重かったのですが、大好きなMacと言うことで自転車のカゴにこのPowerBookを積んで頑張って学校に通ったものです。
LANが標準装備されているので現在でもインターネットに接続してメールなどに利用しています。iMac君にないFDドライブやシリアルポートなどが使えるので便利です。ファイル共有設定をすれば、iMacに外付けのHDドライブのように使うことができます。
今後の予定
HDを4Gの物にかえたいです。現在2.5インチのSCSIドライブは非常に高価です。(2.5インチはIDEが主流になりました。)一時は生産が中止されたそうですが今は一部のメーカーで生産されているそうです。
お金さえあればCPUをPowerPCにアップグレードさせたいんですけど、まあ68kのCPUってことに意味があるような気が最近してきました。
現在は本棚に本の様に縦にしまって、翻訳ソフトをメインに使っています。辞書のような感覚ですね。まあ、Bookだし。
最近の悩み
1995年発売の物ですし、自転車で高校に運んだりしていたことと、相当の時間使用したので、いつどこが故障してしまうのかととても心配です。やはり液晶が心配です。少しでも長く使えることを願っています。
マイクロプロセッサ
モトローラMC68040 66/33 MHz、MMUと浮動小数点演算ユニットを搭載
メモリ
最大の36MBまで拡張してありました。
ディスクドライブ
1.4MBの高密度フロッピーディスクドライブApple SuperDriveを1台内蔵
インタフェース
Apple Desktop Bus(ADB)ポート×1
シリアル/LocalTalkポート(RS-422)×1
高速Ethernetポート×1
SCSIポート(HDI-30)×1(最大6台の外部装置が接続可能)
電源アダプタポート×1
90ピンのプロセッサダイレクトスロット×1(各種PDS装置または別売りのPowerBook PCMCIA拡張モジュールが接続可能):別 売りのPowerBook PCMCIA拡張モジュールによりType IIカードが2枚、またはType IIIPCMCIAカードが1枚装着可能
別売りの内蔵モデム用スロット×1
ステレオサウンド入出力
RAM増設スロット×1
バッテリ
充電式ニッケル水素電池のPowerBookインテリジェントバッテリ×2  (一度の充電で1個につき3時間の連続駆動が可能)
ディスプレイ
バックライト付きアクティブマトリクスカラー液晶ディスプレイ
表示解像度/最大表示色数
640×480ピクセルで256色、または640×400ピクセルで32,768色を表現
ハードディスク
750MBのハードディスクドライブを1台内蔵
寸法/重量
厚み:57 mm
幅:292 mm
奥行き:245 mm
重量:3.1 kg(バッテリ2個装着時)