「せきねさん家」へもどる

SONY VAIO PCG-C1VJ


製造メーカー名
SONY
名前
PCG-C1VJ
定価
オープン価格(発売当時210,000円ぐらい)
私が買った値段
139,000円で購入。
発売時期
2000年9月頃
買った日時
2001年5月4日
買った所
厚木のソフマップで購入しました。
呼び名
C1
デザイン
画面とキーボード、よけいな物をはぶくとこういう形になるんでしょうね。薄くて
以前までのVAIOの紫色っぽい色からホワイトに変わりました。白い方がスッキリしている感じで気に入ってます。
使い心地
ついに1kgをきって980gになりました。どこへ持って行くにも軽くて薄くて便利です。
メモリースティックスロットも付いて便利になったのですが今の所メモリースティックにはお世話になっていないので使用していないんですよね。SONYのデジカメはそこそこ好きなのでサイバーショットのDSC-F55Vの中古が3万円をきったら買うかもしれません。
クルーソーの話は色々聞いていましたが確かに遅いです。もともとHDが遅いせいもあるけど、遅いです。遅いと言うより反応が遅いと言う感じです。1度動き始めれば600Mhzですからそれなりのスピードは出ます。でも、この遅いおかげで電池が長もちしているなら私はいいと思います。前に使っていたC1XFは1時間も持たず。ハッキリ言ってほとんど使えませんでした。以前はいつもACアダプターと一緒に持ち歩いていたのですが、最近は授業だけで使う時はACを持って行かなくて済むようになりました。
最近の悩み
メモリを256MBもくれてやっているのに時々インターネットとメールをやっただけでフリーズします。きっとヘッポコWindows Meのせいでしょう。次はWin2000が入ったやつを買いたいです。
今後の予定
せっかくカメラが付いているので色んな所に持ち運んで動画を色々取りたいです。
OS
Microsoft Windows Millennium Edition
プロセッサー
Transmeta Crusoe プロセッサーTM5600 600MHz
メモリーバスクロック
100MHz
キャッシュメモリー(1次/2次)
128KB/512KB(CPUに内蔵)
ハードディスク
約12GB(Ultra ATA)*3 Ultra(C:約8GB/D:約4GB)
メインメモリー標準/最大
SDRAM128MB(オンボード)/最大192MB(だけど私は256MB)※うち16MBはシステムで使用。
グラフィックアクセラレ-ター
ATI RAGE Mobility-M1(3Dアクセラレーション対応)
ビデオメモリー
8MB(ビデオチップに内蔵)
液晶表示装置
8.9型、ウルトラワイドXGA(1024×480ドット)対応 TFTカラー液晶
外部接続端子
●AV出力(NTSC/PAL対応、ステレオライン出力)×1*4●USB×1●外部ディスプレイ出力(別売ディスプレイアダプターPCGA-DA1S専用端子)×1●i.LINK(IEEE1394)端子 S400(4ピン)×1●モデム用モジュラージャック×1●マイク/ライン入力(モノラル/ステレオ兼用ミニジャック)×1●ステレオヘッドホン出力(MEGA BASS対応)×1
PCカードスロット
TypeII×1、CardBus対応
本体外形寸法(最大突起部含まず)/質量
約 幅248mm×高さ27mm(手前最薄部。後部は29mm)×奥行き152mm/約980g(バッテリーパック(S)搭載時)