「せきねさん家」へもどる

PowerMac G3でRAIDを組む

↑iMac君に代わって我が家のサーバになったPowerMac G3君。
PowerMacと言うことでiMac君と違って「拡張性」があるので
せっかくだからパワーアップさせることに。
(なんでも多少いじらないと気が済まない人…)

まあパワーアップと言っても自分でできる主なパワーアップと言えば・・・
 CPU交換・ビデオカード交換・HD交換増設・メモリ増設
ぐらいなのですが、サーバってことでまずは「HDの交換増設」をすることに。
(最初からHD増設するつもりで本体を買ったんだけど)


でもでも、このPowerMac G3って元々SCSIのHDが載っかっていて
一応IDEのHDも使えることは使えるんだけど、
何しろ古いから「Ultra ATA」での接続になってしまいます。
「Ultra ATA」って「最大転送速度33.3MB/s」で転送速度が今となっては遅い部類に(初代iMacより全然速いけど)。
だから最近の速いHDを積んでも「転送速度」が遅いせいでHDのスピードを活かしきれません。


しかも、PowerMac G3の前期型と言えばHDの交換・増設はちょっと注意が必要。
ロジックボード(マザーボード)上にあるATAのチップが問題です・・・


↑これこれ。
チップ上の刻印に「KAG1」と書いてあるのは前期型で「KAG2」と書いてあるのは後期型です。
それで「KAG2」の方は問題ないんだけど、
「KAG1」は問題有りでHDを増設・交換したりするとスレーブ接続のHDが認識されなかったり
OSがインストールできない場合があったりと昔Macな人達の間で噂になりました(Appleは認めてないけど)。


でも、今さらPowerMac G3使おうって人ならやっぱり
「PCIスロット用のATAカード」でしょ。
(今までノートばかりだったのでPCIスロット付いてるMacを買ったら絶対やりたかった。)


で、ATAのカードと言えばやっぱり「ACARD」でしょってことで・・・


↑ACARD社製のUltra ATA/133対応の「AEC-6880M?」
(「Ultra ATA/133」は「最大転送速度133MB/s」と高速で「Ultra ATA」とは転送速度が1桁も違う)

Mac用の物はDOS/V用より2~4倍位値段が高くて(中古で買ったPowerMac本体より高い…)
DOS/V用のカードをMac用に改造した物(あんまりよろしくないけど…)をヤフーオークションで購入。

ややこしいけど、箱と中身は別物で(箱に写ってるカードはAEC-6885)
中身は・・・


↑元々はDOS/V用の「AEC-6280」。

「AEC-6280」(普通に買うと4,000円前後)はハードウェアRAIDに対応していないんだけど、
カード上のチップ(抵抗)をちょこっと付け加えると
ハードウェアRAID対応の「AEC-6880」(普通に買うと8,000円前後)になる。

さらにカード上のBIOSを書き換えて・・・


↑こんなディップスイッチを頑張って付け加えると(DOS/V用でも物によっては基盤上にMac用のパターンが残ってるらしい)
Macで使える「AEC-6880M」(普通に買うと20,000円以上)になるって訳です。
うーん、なかなか手の込んだ一品・・・有り難や・・・。
(まあ、ちゃんと動くかどうか全く保証はないけど、動けばお得)


で、このATAカードをPoweMacのPCIスロットにさしてHDをつなげばOK。


↑こんな感じ。

ただし「Ultra ATA/133」はMaxtor社が提唱している規格で、
IBM(HITACHI)のHDだと「Ultra ATA/100」までにしか対応していないので
IBMよりMaxtorのHDの方が好きって人も多い。


せきねさんも・・・

↑3.5インチなら、どっちかって言うとMaxtor派。
(ノート用の2.5インチだったらやっぱりIBMだけど)
2003年の4月に組み立てた自作DOS/Vマシン用に買ったMaxtorの「6Y080P0 (80GB 7200回転 キャッシュ8MB)」を2台ストライピングでつないでみました。
(自作したけど、ほとんどMacしか使わない(使おうとしない)人なのでHDはMacで使うこと)


で、早速PowerMac起動。無事認識しました。
Macの場合は特に専用のドライバディスクを入れなくてもMacOSをインストールする時に自動で認識して普通に初期化できました。
(WindowsみたいにOSのインストール時にRAID用のドライバの入った(時代遅れの)フロッピーを使わなくてもよい。←本当に面倒。)


OSインストール後システムプロフィールで見ると・・・


↑SCSIとして認識されているみたいです。

やっぱりデスクトップは楽しいなぁ。



(この文章は、せきねさんがときどき書く「日記」の2004年4月3日の記事を流用しています。)