リアスピーカー KSC-7070




 車に乗せるスピーカーはKENWOODのイルミネーションの付いた物がいいなぁ、と小学生の頃から思っていて、ついに夢が実現した感じです。このKENWOODのスピーカーは現在は販売されていないかなり古いスピーカーです。
YAHOO!のオークションで落札しました。
1990年頃に売っていた物で、リアに据え置きのスピーカとしてはサイズも大きくて重いです。



 2001年4月:発売後11年と言う事で右側のウーハーが破れました。KENWOODに電話した所、まだ何とか部品が残っているそうで修理してもらう事にしました。念の為左のスピーカーも交換してもらいました。
修理とオーバーホールに12000円程かかるのでサービスマンに

「現在売られている新しいのを買った方が良いのでは?」

とも言われましたが、気に入っているので何を言われようと修理する事にしました。



 そこまで、してもこのスピーカーにこだわる理由がしっかりあるんです。



 見た目は普通のスピーカーと思いきや・・・



 やたら謎の配線が多い・・・。

そう、イルミネーション用の配線だよ。
スピーカーの背面の「KENWOOD」って文字が光るんだよ。
でも、まあ光るだけなら今でもKENWOODや他のメーカーの少し高めのスピーカーを買えば光る機能がついているんだけど
これは「ただ光る」だけじゃないよ。

まずは夜クルマのスモールランプを点灯させると



「みどり色」に光るよ!

で、クルマのブレーキを踏むと



 今度は「あか色」に光る!


と、めずらしいイルミネーションなんだよ。
でも、この程度イルミネーションなら少し昔のKENWOODのスピーカーや
カロッツェリアやアゼストの昔のごく1部のスピーカーにもついていたんだよ。

で、

普通の時:「みどり」

ブレーキ:「あか」


と来たら、そう

ウインカー:「オレンジ」

なんだけどさ、
ただのオレンジじゃなくて


なんと!



 曲がる方向に向かって流れるよ!
(このスピーカー見たことある人ほとんどいないでしょ?)

俺の知ってる限り、このイルミネーションが付いている据え置き型スピーカーは
後にも先にもこの「KSC-7070」のみだよ。


奇跡的に見つけた当時のカタログ↓



何しろこのスピーカー「1990年」前後に売られていた古ーいスピーカーだよ。


しかも、発売してすぐに販売完了になってしまったらしくて、本当に数が少ないよ。
販売完了になった理由は「道路交通法」の「改正」の関係らしくてこのスピーカーを発売した直後に道交法の改正で、あんまり派手なイルミネーションを取り付けることが出来なくなったらしい(だからイルミネーションの配線を外さないとたぶん車検には通らないと思う)。

だから、すぐに販売終了になってしまったらしいよ(本当かどうかは知らないけどそんな話を聞いたことある)。


でも、
「イルミネーションが派手なだけならそんなの大した事ないじゃん。
今はブラックライトとか幾らでも派手な電飾売ってるじゃん。
スピーカーも最近の新しい奴の方がいいじゃん。けっ!」


って思う人も多いはず。


ちっ、ちっ、ちっ、甘いぜ奥さん。
バブリーな時代のスピーカーをなめてもらっちゃ困るぜ。


このスピーカー「4WAY 4SPEAKER」なんだよ。
構成:ウーファー12cmカーボナイズPPコーン、ミッドレンジ6cmコーン、ツイーター14Φ、スーパーツイーター12Φセラミック

そう、「スーパーツイーター」が付いてるんだよ。

「ツイーター」って低音を出す「ウーファー」の反対で高音を出す小さいスピーカーのことだよ。


「どんどこ」低音ばっかり鳴らしているヤンキーとは違うよ。
「スーパーツイーター」は女性ボーカルのクリアな音声やバイオリンみたいな楽器の「超高音域」をしっかり奏でるよ。

とにかく、最近の下手なスピーカー買うよりぜんぜん音がいいよ。

KENWOOD KSC-7070 4WAY 4SPEAKER 130W
【効率/周波数特性】:90dB/45Hz-27kHz
【キャビネット素材】 :ABS PP
【寸法】:W425mm、H124mm、D203mm
【重量】:2.1kg(1本)


販売期間短いし、もう13年ぐらい経ってるし、このスピーカー積んでるクルマ本当に少ないよ。
どこかで見つけたら絶対買って損はないよ。
かなりお勧めのスピーカーだね。