ウォッシャータンクモーターの交換


 ある日リアのウィンドウが汚れていたので、ワイパーを動かしてウォッシャー液を出そうとしたんだけど、ウォッシャー液が「出ない」よ、、、
「アレ?」っと思って、フロントのウォッシャー液を出してみたらフロントは出たよ。
前にウォッシャー液にガラコとクリンビューを混ぜて使っていたことがあって(略してガラリンビュー)、そのせいで詰まったかな?と思ってリアのノズルとリアまでのチューブをちょっと見てみたけど、詰まっている様子はないみたい。
マーチ系のWebを色々見てみたら、たぶん水を出す「モーター」が壊れたんじゃないかって?って結論を俺は出したんだよ。

そんで、その内日産に行って見てもらおうかと思ったんだけど、
どうやら「モーター」自体は1000円ぐらいで、
工賃が7000円もするらしい、、、

無理無理無理無理無理無理無理無理
ムリムリムリムリムリムリムリムリ
無理無理無理無理無理無理無理無理
ムリムリムリムリムリムリムリムリ
無理無理無理無理無理無理無理無理

貧乏学生には無理だよ、、、
月に1、2回しか使わないリアのウォッシャー液出す為に8000円も払えないよ、、、
(たぶんバンパーを取り外してウォッシャータンクまでたどり着く感じなので、、バンパーの脱着に工賃が結構かかるみたい)


と言うことでいつも通り自分でやることに。
まずは得意のオークションでモーターを入手しました。

↑モーターのみは売っていなかったのでウォッシャータンクごと入手(2000円 中古)。


マーチの場合モーターはフロント用とリア用の2つ付いています。
(リアからウォッシャー液が出ない車はモーターはもちろん1つ)
白と緑のコネクターはフロントとリアの配線を間違えないようにする為のもので、どちらのモーターにも取り付けられるよ。
モーター自体2つともまったく形が一緒だよ。
でも、念の為よーく観察してみたら違う所があったよ。


モーターの上部に小さく書いてある数字が「20」と「17」になっていたよ。(それ以外の見た目の違いは一切なし)
「?」と思って9Vのアルカリ乾電池でモーターを動かしてみた所、
音が違うよ。明らかに「17」が弱くて「20」が強いよ。
と言うことで「17」がリア用で「20」がフロント用だね。

これを間違えるとだいぶ問題あるよ。
間違えて「20」をリアに取り付けると後ろに走っている車がビックリするくらいの勢いでウォッシャー液が出ると思われる、、、

まあ、それぐらいならまだいい方で、
間違えて「17」をフロントに取り付けると

ウォッシャー液がガラスまで届かないと言うことに、、、(笑いはとれるけど)
で、いよいよモーターを交換だよ。
でも、バンパーを外すのは「だるい」ので↓フェンダーカバー(タイヤハウス)?からアクセスすることに

↑タイヤの奥の黒い部分を外すよ。

まずはバンパーに止まっているネジを1本外します。

↑もう外しちゃった状態。(これはIMPULのバンパーなので純正のバンパーだともっとネジ多いかも)

そんで、バンパーをぶっ壊さないように慎重に無理矢理気合いで黒いフェンダーカバーを上手いこと引っ張ると

↑バンパーを外すことなくウォッシャータンクにたどり着けます。(かなり狭いけど)

でも、なんかモーターの色「白」だよ、、、
どうやら俺がオークションで買ったやつは後期型のマーチに付いていたものらしい(俺のマーチは前期型)。
でも、モーターもコネクタもほとんど同じなのでどちらも取り付け可能でした。

注意:当たり前の話だけどモーターを外す時はウォッシャー液を全部使いきってからにしましょう!タンクにウォッシャー液が残っているとモーターを外した瞬間に(せっかく入れたガラコの)ウォッシャー液が全部流れ出ます、、、(涙)




「ん!」


「ハッ!」としたね、、、


リアのモーターは写真の奥側なんだけど、
コネクターが外れているよ、、、



アレ?俺色々いじっていたけどコネクタ外したっけ?


まさか、、、と思ってコネクターつないで
リアのウォッシャー液を出してみたら、、、



出た、、、


コネクタはずれていただけじゃん!(涙)



モーター壊れてなかったよ。ただコネクタはずれて電気通ってなかっただけだよ、、、
と言うことで、修理?終了。
(せっかくモーター買ったのに出番なしだよ。また家にガラクタが増えたよ)

モーターぶっ壊れているとばかり思い込んでいたよ。

教訓:壊れたら部品を買う前に原因を調べましょう。

せっかくだからウォッシャー液の注入口を後期型に変えておきました。

↑今までの注入口

↑交換後の注入口

以上、ウォッシャータンクモーターの交換でした(交換してないけど、、、)。