ヘッドライトバルブ



 マーチの改造の記念すべき第1歩がこのヘッドライトバルブの交換でした。マーチを買って嬉しくて高校の頃の友達と深夜買い物に行きました。「深夜」、「車」、「買い物」と言えば行く所はあそこしかありません、そう「ドンキホーテ」です…。
色々なサイズがあってどれを買ったらいいのかすら全然知らなくて、友達に言われるままこれを購入(マーチが水色だから何となくブルーを選びました)。で、早く付けてみたくて帰り道のコンビニの明かりの下で友達に交換してもらいました。

「おおぉ!」って感じで、あの初めて車をいじる楽しさを感じた感動は多分忘れないでしょう。

で、バルブですけど「ブルー」ったってそんな「真っ青」になるんじゃなくて「薄い水色」程度です。でも、このバルブ結構お気に入りでそれ以来3年連続でこのメーカーのこのバルブを取り付けています。
純正のバルブと違って、ケースにも書いてありますが寿命が短いです。経験上マーチだと12ヶ月か13ヶ月で、まず右のバルブが切れてその1ヶ月後に左が切れます(3回ともそうでした)。まあ、夜のバイトをずっとしていたので昼間メインで走る人はもっともつかもしれないけど。
PIAAのブルーバルブは5000円以上するのに約半年で切れるらしいです(そのかわりすごい青いけど)。これは3600円でそこそこ青くて1年もつので結構お勧めです。

が、ブルーはかっこ良いのですが弱点は「雨に弱い」ことです。雨の日対向車がいない暗い道路ならいいですけど、普通に対向車がいる道だと対向車のライトがしっかり道路を照らしているのは分かるんですけど自分の車は「ライトが付いてんだか付いてないんだか分からない」くらいに暗いです。
たぶんライトが白っぽいので、水面に反射した時に路面が全て白っぽく見えて、道路上の「白線(車線)」が見えづらい為だと考えられます(HIDなどの白さの場合は光量がもっとあるので見やすいと思われる)。あくまで私の意見ですけどね。


 で、ブルーバルブと言えばリアのナンバー灯もコイトのブルーバルブに変えました。
が、これがまた暗いんだ。ナンバーカバー付けているからってのもあるけどさ、遠くからほとんど見えないくらい暗いんだ。
この前バイト先の友達がバイクだけど「ナンバー隠ぺい」で捕まって罰金をとられたんだけど、すごいよ!

ナンバー隠ぺいの罰金は 400,000円
だってさ…。

俺が普段車止めている駐車場って数年前まで警察署の駐車場だったんだよね…。どこへ行くに警察署の横を通って出かけるんだけど、いつも冷たい視線を感じるよ…(まあ、捕まったことないけど)。
でも、さすがにナンバー隠ぺいだけは痛いのでこのブルーバルブは卒業することにしました。
現在こりずにもうちょっと明るめのブルーバルブを捜索中...。