IMPULリアウイングを付ける



 一応エアロパーツはフルIMPULを目指しているよ。そう、目標はイチローの1000万円マーチを超えることだよ(まあ、夢は大きくって事で…)。
で、バンパーに続いて入手したIMPULパーツは「IMPULリアウィング」です。オークションで何年もマーチ用のパーツを探しているけど、IMPULのパーツって本当に少ないんだよね。値段が高いからあんまり出回ってないんだろうね。しかも、自分の車と同色のパーツを探したら年に1回か2回出ればいいほうだよ。で、ついにコレを見つけたので気合で入札して「39999円」でご落札…(細かい…)。だいぶ予算オーバーだけど定価69000円だし、塗装したらさらにお金かかるし、次はいつ出品されるか分からないし、まあしょうがないでしょ(状態も傷や割れも無く良い方だし)。


 で、本来はリアハッチの天井部分に穴を開けて、ネジで止めるんだけど・・・
クルマに穴をあけるなんてそんな大それたことはか弱い俺には出来ないよ…大事な愛車に「穴」なんて考えられないよ…
(これを付けたのサンルーフ取付け後ですけど...)

もちろん今回も


「両面テープ」のみ・・・(大変危険ですので良い子はマネしないように)

「FRP」って言うとっても軽い素材で出来ていて、見た目でかいけど重さは「重たいノートパソコン」程度だよ。

とは言えやっぱりそれなりに重量があるよ。

今回は普段使っている両面テープよりさらに強力なテープを使用したよ(ネジで止めろって?)。



 なんか、両面テープの耐久テストやってるみたいだな・・・(住友3Mさん、いつもお世話になってます…)
とりあえず、両面テープを張る前に表面をしっかり「脱脂」しておいたよ(普段はそこまでしないけど、今回は相当無理してるので…)。もちろんクルマ本体側も汚れをきれいにとって脱脂しておくよ。


 で、気合で位置を合わせて固定するよ。脱脂してあるからちょっとくっついただけで、相当力入れないと剥がれないから「位置合わせ」が非常に困難でした・・・しかも、なんか俺のマーチのリアゲート自体「歪んでいる」みたいでさ、片側が半分ぐらい浮いちゃって、全面に両面テープ張ったのに実際接地している面積は半分ぐらいだよ・・・大丈夫か?
とりあえず、次の日の朝みたら「地面に落ちていた…」なんて事の無いようにビニールテープで補強しておくことにしました(ビニールテープっていい味出るなぁ)。


 取り付けている間近所の人が「あいつ何やってんだ?」って感じで見てました…。


 このリアウィング実物は相当「でかい」です。買った本人も「ヤン車っぽいかも?」って思いましたけど、実際取り付けてみるとそれほど派手じゃないかな?


 この角度から見ると結構でかいかも。

どれくらいかって言うと


 コレくらい? これで、スヌーピーを干せる場所が出来ました。スヌも気持ちよさそうで、大喜び?


↑リアから
 リアの下からの見た目が1番インパクトありますね。

取り合えず今のところ両面テープは大丈夫ですが

になったら

「雪」の重みで落ちること間違いなし・・・(まあ、後はその時考えよ・・・)