ついにやっちゃいました!

やると決めてからもう3ヶ月。
ついにやっちゃいました。

そうマーチの改造です。

だいぶ引っ張って来たけど、ついに何やるかネタバラします。

俺は昔から「サンルーフ」ってもんに憧れていたんだよ。
でもでも、残念ながら愛車のスヌーピーマーチ君には

「サンルーフ」なんて豪華なもんはもちろんついていないんだよね、、、

でも、サンルーフ欲しいよ。
そうなるとサンルーフが付いたマーチに買い替えるしかないよ、、、
だけど、そんなお金ないし、今乗っているマーチ大好きだからずっとこのマーチに乗るつもりでいるからさ。

うーん。んじゃやっぱりサンルーフはあきらめないとダメか、、、
って思っていたよ。

そんある日、「サンルーフって後から付けられないのかなぁ?」って何気なく思い浮かんだよ。
で、ダメ元でちょっとインターネットで調べてみたら、、、

なんと

あったよ!

あったよ!

あったよ!奥さん!

「後付けサンルーフ」ってのがあったよ!

ベバストって外国の会社が「後付けサンルーフ」って物を10年以上前から発売しているらしい。
このベバストって会社、ベンツとかBMWとかワーゲンとか世界の車のサンルーフのほとんどを作っている会社なんだって。
例えば、最近出たマツダの「デミオ」って屋根が全部開いちゃうような「キャンバストップ」って言うルーフが付いているグレードがあるんだけどさ、そのルーフもこのベバストって会社が作っているらしいよ。

そんで、その昔このベバストの「後付けサンルーフ」をオートバックスでも売っていた時代があったらしくて、
俺も一応オートバックスに行ってみたけど、店員さんに聞いても「知らないです」って言われちゃって、
その後何年も勤めている店員さんにさらに聞いたら「だいぶ前はやっていたんですけどねぇ」って言っていたよ。

で、ネットでオートバックスにメール出して色々聞いたら
「レアバリュージャパン」って会社がベバストの後付けサンルーフを売っていることが分かったよ。
で、「レアバリュージャパン」のWebから「後付けサンルーフ」を注文することが出来たよ。

本当はどこかの工場でやってもらいたかったんだけど、神奈川県には1か所しかやってくれる所ないらしいし、
しかも工賃払う余裕はないよ、、、

で、ジグソー(電ノコ)を買って自分でやろうって思ったんだ。

と言うことで、だいぶ前から日記で書いていた「マーチの大改造」とは「後付けサンルーフ」のことでした。

もしかして、

「なんだたかがサンルーフかよ」

「サンルーフごときで大改造かよ、ケッ!」

と思った人もいるかもね。

でもね、俺にとっては自分の車の屋根に穴開けて、サンルーフ取り付けるのは結構な改造だと思うんだよね。

でも「なんだサンルーフかよ」って思われると悔しいよ。

でも「なんだサンルーフかよ」って思われると悔しいよ。

「なんだサンルーフかよ」って思われると悔しいよ。

悔しいよ。

悔しいよ。

悔しいぞ!!!

俺がただ普通にサンルーフ付けるだけだと思ってるな!

「せきねさん家」をなめんなぁ!

とりあえず気合いで「サンルーフ」付けたぞ!


(かなり大変でした、、、)

さらに!

マーチとしては日本初(たぶん、、、)


ツインルーフにしちゃいました!(おいおい!)

いや、本当は「ツインルーフ」なんて、お金もないしそんなことやろうなんて考えていなかったんだけど、
取り付け1週間前に偶然運良くもう1つサンルーフが手に入って、急きょ予定変更となりました。
「ツインルーフ」になるとは思っていなかったので、1番ビックリしてるのは自分です。

~サンルーフ取り付の簡単な説明~
(後日もっと詳しく説明するページを作る予定)

用意するもの:サンルーフのキット。色んな工具。手伝ってくれる屋根付きの工場を持っている友達。勇気。気合い。廃車の覚悟。

作業は夜の9時から高校の時の生徒会の友達に協力してもらい行いました。
友達の親が「乾燥機屋さん」らしくて、屋根付きのVIPな工場とあらゆる工具を貸して下さいました。

えー、この友達もただ者ではなく、高1の時からずっと2人でバカをやってきました。
2人で津久井の福祉会館で漫才をやった経験あり。高校の生徒会の選挙で2人で会長に立候補しました。(俺が当選しちゃったけど)
簡単に紹介すると、高校卒業後1年プー太郎。その後天下の東京理科大学に入学!
が、なぜか3年ぐらい1年生をやっている頭がいいんだか悪いんだかよく分からない変わり者。
一時期バックギアの入らないフェアレディZに乗っていた強者。
名古屋の嫁入りトラック並にひたすら前進のみで走って、駐車の時は手で押していた強者。
学生なのに、なぜか都内の高校の契約社員をしている変わり者。
なんだかんだ言って結構いいやつ。

が、しかし本日彼は

お酒入ってます、、、

(久しぶりにあったので、工場へ来る前に食事に行って、日本酒とビール飲んじゃってました、、、もちろん俺は飲んでない。)

えー、話は戻ってまずは室内にある「クロスメンバ」をぶった切ります。
(クロスメンバとは屋根の左右を支えている鉄の棒)

結構頑丈そうと思いきや、手で引っ張ったら簡単に曲がっちゃいました、、、
↓片側をぶった切って反対側は手で気合いで取りました。

↑危うくスヌーピーが燃える所だったので、この後スヌを避難させました。
(人の車だからって、やりたい放題の友達、、、)
その後中央の1本を残して、リアのもう1本を切除。

で、ジグソーの刃を入れる為の穴を天井にボッコリ開けます、、、

↑俺のマーチが、、、

そんで、あけた穴からどんどんジグソーを使って屋根をぶった切って行きます。
ぶった切ったら切った周りをやすりで整えます。

(↑彼は容赦なくサンダー使ってるけど)
本当はもっとマスキングをしっかりしないといけないんだけど、途中からどうでもよくなりました、、、

で、

↑こんなんなっちゃいました、、、
自分がやり出したとは言え、やっぱり車の持ち主としてはこの光景はかなりショッキングでした。
(本当はボディも全てマスキングが必要です!本当にもう適当にやりました、、、)

後は、錆び止め塗って、雨漏り防止の為に粘土状のゴムを張って、サンルーフを取り付けるだけです。

サンルーフを何とか取り付けて、作業は5時間程で終了(内装は後日と言うことで)。

次の日サンルーフの電気の配線をして(前は電動サンルーフで後ろは手動のサンルーフ)、とりあえずちゃんと動きました。

取り付けて、1番心配なのがそう
雨漏りです。

雨漏りしないかどうか試す方法をちょっと考える、、、

考える、、、

考える、、、

そうだ、、、


いきなり洗車機、、、
(もっとホースで水をかけてみるとかやさしい方法もあったけど、、、)

で、この後別の洗車場に行って、さらにもう1台洗車機をはしご、、、

さらに、

別の洗車場に行って今度は鉄砲みたいなノズルを手で持って車に高圧で水をぶっかける洗車をやりました。
(サンルーフ取り付け前に1回洗車をしたので、2日で4回洗車したことになります。事故ってから5ヶ月間まったく洗ってなかったのに、、、)

で、そんな過酷な洗車を

見事クリアー

雨漏り一切なし!(今の所)

むしろ、洗車する時にうっかり運転席の窓を少し閉め忘れて、結構大変なことになりました、、、(←俺ってバカ。)

まあ、ツインルーフのスヌーピーマーチを見てください。


↑ガラスをチルトアップさせた状態。


↑前の電動サンルーフをスライドさせた状態。

前のサンルーフのスライド量を計算してリアのサンルーフを取り付けたので、
スライドさせた状態では、上から見ると屋根がほぼガラス張り状態となって、結構かっこいいです。


↑リアから見た状態。

じっさい、全てが上手くいった訳ではなく近くで天井を見ると
色んな所に「ヘコミ」があります、、、
それは近くで見ないと分からない程度だし、素人の仕事でまして2つも付けたと言うことなので、その辺はそれ程気にしてないです。
(いや、屋根と同じぐらいに俺が凹んでたりするけど、、、)

「ツインルーフ」というインパクトはかなり強いです。

サンルーフを付けるにあたって、協力してくれた友達に心から感謝します。
また、応援してくれた人にも感謝しています。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存