また変な改造をする・・・

さて、日記をサボっていた間も色々くだらない事をやっていたんだけどさ

コレが1番の大仕事だったかな。


↑でかい物が到着。

それは、前に友達3人でマーチで長野へ旅行に行った時の事

後ろに座っていた友達が

「後ろの席の窓は開かない」

って、ボソッと言っちゃったよ・・・

ああ、そうさ。
俺のマーチのリアサイドガラスは3Dr(スリードア)だから開かない「ハメ殺し」ってやつさ。


↑「ハメ殺し」で開かないリアガラス。ガラスの周りがゴム枠で固定されている。

だけど、お高いグレードの1300ccのマーチだけは3Drでも開閉式のリアサイドガラスが付いているよ。
(でも、たぶん前期型だけで後期型にはないような気がする。)

で、いつかその開閉式のリアサイドガラスを自分のマーチに付けてやる・・・
ってたくらんでいたよ。

ネットで色々調べたんだけど、リアガラスを交換したって人はほとんどいなかったし、
交換方法も画像も何も分からなかったよ。
まあ、5Drの人には関係ない話しだし、3Drの人もほとんど後ろに人なんか乗せないだろうし、
変えたところで別にクルマがパワーアップする訳でもないし、
普通は「変えよう」って考えないパーツだね。

あまりやってる人がいない、マイナーな改造だよ・・・

「あまりやってる人がいない」かぁ・・・

「マイナーな改造」かぁ・・・

せきねさんのハートに火がついたゼ!
サンルーフ付けたし、ガラスネタはせきねさんに任せとけ!
無駄な改造はせきねさんに任せとけ!
意味不明な改造はせきねさんに任せとけ!

「俺がやらなくて誰がやる」って訳の分からない使命感が沸いてきて
廃車のマーチの部品を売ってる人から部品を購入・・・


↑開閉式リアサイドガラス(リアサイドクォーターガラス?)。
前のオーナーがスモークを張っていたみたいで、結構お高いフィルムみたいだからとりあえずそのまま使うことに。


↑ゴム枠(開閉式用のゴム枠)。ハメ殺しのゴム枠とは構造が違う。


↑開閉式用の内装(普通の内装とほとんど変わらないけど、開閉式用にちょこっとくぼみがある)。

さ、部品は届いたし、いよいよ作業開始だよ!

まず、車内からリアガラスを見ると


↑ご覧の通り、「ハメ殺し」で後ろに座る人はご機嫌斜めになっちゃうよ…

とりあえず、内装を強引にバリバリ剥がして行くと、
一応1000ccでも1300ccでも、車体自体は共通だから


↑取り付け用のそれらしい加工があったよ。(助手席のシートベルトの付け根付近)

上の丸い穴は「ネジ穴」じゃないよ。下の四角い部分に「ネジ穴」が必要だよ。
1300ccのマーチがどうなっているのか知らないけど、ここにネジ穴がないと取り付けできないよ・・・

うーん、やっぱり1000ccのマーチには部品だけ買ってきても基本的に取り付けは不可らしい・・・

「ネジ穴」を何とかしようとホームセンターでお買い物


↑ステンレス製の細くて穴の開いた板と6mmのボルト&ナットのセットを購入。
(ベガは衝動買い・・・他の「U字」型の物は買ってみたけど(30円)、使わなかったので却下)

以下適当な取り付けなので、真似しないように・・・(真似なんかしないって?)

まずは、ステンレス製の板を短く切って、それにナットを取り付けて「ネジ穴」を作成だよ


↑適当にビニールテープで止めているけど、普通はハンダとかで付けないと
ナットも一緒に回ってしまうのでしっかりボルトが閉まらないんだけど、
時々運がいいとしっかり閉まったりするので、せきねさんはめんどくさい事嫌いだから運に任せるよ…
(閉まらなくても「だいたい閉まって取れなきゃいいや」って適当な考えです…)

で、ここからが大変なんだけど、
ボディの内側へは内張り天井も全部剥がしても、どう頑張っても手を入れることはできないよ。
大きな穴が開いている所もないし、とにかく大変だよ。
さっきビニールテープで固定した子供だましの「ネジ穴」を針金で固定して・・・


↑上の方にある内張りを止める為の穴から自作の子供だまし「ネジ穴」を
そーっと四角い穴のところに持っていくよ(ちなみに、うっかり内側に物を落とすと、二度と取ることは出来ないよ)。

で、かなり困難なんだけど、そーっと持って行った「ネジ穴」を四角い穴の中央に持ってきて
それでその「ネジ穴」にそーっとボルトと、ガラスを取り付ける部品を取り付けるよ。

鬼のようにイライラする作業で、
「空きビン」の中で船の模型を造ってる人の気持ちがよーく分かったよ・・・

で、1箇所に30分かかって

↑奇跡的にボルトがナットにハマったよ!

で、今度は後部座席の後ろの方にただの穴があるので


↑同じように自作の「ネジ穴」を作るよ。
こちらも30分ほど頑張って


↑何とか装着完了…(本当に大変だった…)
(穴は2つあるけど、男の一点止めで勘弁してやることにしました・・・)

ちなみにこの部分も本当は開閉式用の内装があったらしいのですが、
それに気が付かずにうっかり買い忘れてしまったので、元々付いていた内装を適当にハイテク糸ノコで


↑ぶった切って、我慢することに…
まあ、シートベルトでほとんど見えなくなる部分なのでこんなもんでいいでしょ…

釈由美子 イケメン社長と通い同棲 かぁ・・・ イカン、イカン集中集中・・・

で、自作「ネジ穴」にボルトを通す作業を計6箇所頑張って(コレだけで2時間近くかかりました…)

運に任せていたボルトの閉まり具合だけど、6本中4本はがっちりと完璧に閉まりました!
残り2本は、幾ら閉めてもぐるぐる回っちゃうけど、
部品自体ぐらつくようなことは無かったので「良し」としました・・・

ところでさ、開閉式用のガラスを買っては来たけど、

もともとついている「ハメ殺し」のガラス自体どうやって外すんだ?

って思った人もいるはず。
せきねさん自身も、ガラスの外し方なんて知らないしそもそも簡単に外れる物じゃないのかも?
って作業し始めてから思ったよ…(部品買う前に考えろって?)

色々考えて
「防犯上」外側から外すってことはありえないって結論に達して
車内側から頑張ってみることに…

とにかくネジとかボルトじゃなくて「ゴム」で固定されているよ。

ドライバーとかでゴムを無理やりこじってみたけど、えらい頑丈なゴムで
びくともしないよ・・・
逆にドライバーのせいでボディに傷が!・・・

なかなかガラスを取り外すことができなくて、イライラしてきたよ・・・

で、せきねさん色々考えたよ・・・
このままイライラしていると、きっとガラスごと破壊しちゃいそうだよ・・・
そうなると、近所の人に「あいつイカれてる…」って思われるし、
徒歩1分で以内で警察署だし(今止めている駐車場は数年前まで警察署の駐車場だった…)
お掃除大変だし、ここは1回お家に戻ったよ。

色々考えて、物置で使えそうなものはないかとゴソゴソして、
いいものを発見!

おそらく、これで自動車の窓ガラスを取り外した奴はいないよ!

これでハメ殺しのガラスを外すのはおそらく世界初だよ!

必殺!


↑ 割り箸地獄!・・・
(庶民的・・・)


↑車外から・・・

1本差し込んだだけだと、全く取れそうなご様子は無かったけど、

5、6本差し込むとあら不思議・・・


↑驚異の割り箸パワー・・・

で、ここまで来たら外側から引っ張ったり、内側からガラスを押したりすると


↑ガラスが外れた・・・(いいのかこんな外し方で・・・)

どうでもいいけど、「割り箸」は長さ硬さ厚さ、文句の付け所が無いくらい
「ガラス外し」には持って来いのアイテムに間違いなし・・・

で、取り外した部分に開閉式用のゴム枠を


↑取り付けて、

後は開閉式用のガラスを取り付ければ完成だよ!(長かった・・・)

では、完成後の無駄な改造をご覧ください


↑窓ガラスを開けた時!
(開くって言ってもコレだけなんだけどさ・・・本当に無駄だな…)


↑車内から。


↑カブリオレ(オープンカー)を除いて、日本一風通しのいいマーチになりました!


↑斜め後ろから。
リアサイドだけスモークを張って変にならないか心配でしたが
思った程変ではなかったのでしばらくこのまま行こうかと思います。
もともと、「中にいるスヌーピーが見えなくなる」って意味の分からない理由で
今までスモークを張らずに来たので、この先もリアガラスにスモークを張る予定無し(明るい(薄い)スモークならいいけど)。


↑ガラス自体は「ハメ殺し」のガラスより一回り大きくて、
車外からはゴム枠は見えないので、今までよりスッキリとした感じになりました。

何も考えずにやって結局6時間程かかりました…。
良かった、雨降らなくて。

以上、リアサイドガラス交換でした。
(俺的には結構頑張った方だし、満足だな!)

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存