電気シェーバーの5枚刃の替刃を買う

<スポンサーリンク>

こんばんは、この前奥さま宛てに・・・


↑軽くて巨大な紙袋が届いていました。

コレ何だろう?

と思って、あけてみたら・・・


↑コ!コレは!


↑出た!「YES/NO 枕」!(本物初めて見た)

視聴者プレゼントに当たったらしい・・・。
よく当たったな。すごい!
そしてよく応募したな・・・(笑)


↑運の良い奥さまがいて家族みんな(スヌーピー含む)幸せです♪

さて、話は全然変わりますが・・・
今日は「電気シェーバー」のお話。

せきねさん、貧弱者なので怖くて手動の「カミソリ」は一度も使った事がありません。
なので「ひげ剃り」は「電気シェーバー」を使っております。

で、せきねさんが使っている電気シェーバーが・・・


↑こちら。
Panasonicの「LAMDASH(ラムダッシュ) ES-LV50」です。

2011年4月発売のPanasonic初の5枚刃モデルです。
(せきねさんは型落ちして安くなるのを待ったので2012年7月に購入。)

他社には無い(と言うかあえて作らない?)5枚刃ということで、剃り味はとっても良いのですが
でも、1年程使うと・・・


↑画像のように外刃に穴があいてしまいます。
たった1ヶ所の小さな穴ですが、このまま使用すると刃が肌にひっかかって肌に傷が付くのでもう使えません。
それに小さな穴でも、内刃が左右に動くので、使っている内にどんどん穴が広がっていってしまいます。

使用頻度やお手入れの仕方などで刃の寿命は多少異なるとは思いますが
せきねさんの場合、最初は11ヶ月で外刃に穴が空き、2回目(今回)は14ヶ月で外刃に穴があきました。

ネットで調べるとほぼみんな1年で穴が空いているようですし、メーカーも・・・


↑外刃の交換目安は1年とうたっているので仕方無い感じです。(内刃は2年)
5枚刃の製品に限らず、4枚刃でも3枚刃の製品でも外刃1年、内刃2年の寿命は同じです。

でも、替刃のお値段はやっぱり違って・・・


↑左から・・・
・3枚刃用替刃(外刃)ES9087:2,440円
・4枚刃用替刃(外刃)ES9167:3,210円
・5枚刃用替刃(外刃)ES9173:3,630円
(いづれもパナソニックの替刃で、お値段はヨドバシカメラ価格です(ポイントが10%付きます))

う〜ん、1年に1回コレを買わないといけないのでそれなりにコストがかかりますね。

一応、刃は独自のすんごい技術らしくて・・・


↑「日本でしかつくれない。」とのことでお高いのかも??

さて、せきねさんの場合は5枚刃なので
3,630円のお品をご購入する必要があります・・・。

でも、これは「外刃」だけのお値段なので
今回2回目(2年)の交換となるせきねさんの場合は
「外刃」だけでなく「内刃」も交換する必要があり・・・


↑こちらの「外刃」と「内刃」がセットになった「ES9032」をご購入しなくてはなりません。
(5,130円って、高い・・・。安いシェーバー本体が買えちゃうお値段・・・)

いや、別に「内刃」は交換しなくても使おうと思えば使えるのかも知れないけど
やっぱり切れ味は2年も使えばそれなりに落ちる訳で
せっかく高性能な5枚刃のモデルを使っている訳だし、ここはメーカーの推奨通り「外刃」と「内刃」の両方を交換しようと思います。

5,130円もするので、どうせならもう少し出して新しいシェーバー本体を買っちゃおうかな?
とも思ったのですが、まだ2年しか使っていないし、バッテリーもヘタっていないし
替刃さえ交換しちゃえば、最新のモデルと比べてもそんなに劣る訳でもないので
新しいモデルは買わずに替刃の交換を選びました。

ちなみに「外刃」と「内刃」がセットになった商品について
先程と同様に3枚刃、4枚刃、5枚刃でお値段を比べてみると・・・


↑こんな感じ。左から・・・
・3枚刃用替刃(内刃外刃セット)ES9013:3,970円
・4枚刃用替刃(内刃外刃セット)ES9027:4,940円
・5枚刃用替刃(内刃外刃セット)ES9032:5,130円
(いづれもパナソニックの替刃で、お値段はヨドバシカメラ価格です(ポイントが10%付きます))
4枚刃と5枚刃ってあまりお値段変わらないのね・・・

で、せきねさんが購入したのが・・・


↑こちら。5枚刃用の内・外替刃セット「ES9032」。


↑裏側。
(対象機種はES-ELV5, ES-ELV7, ES-ELV8, ES-ELV9, ES-FSV6, ES-LV50, ES-LV52, ES-LV54, ES-LV70, ES-LV72, ES-LV74, ES-LV80, ES-LV82, ES-LV90, ES-LV92, ES-LV94, ES-SV61, ES-YLV74)
ちなみに、5枚刃の製品であれば2011年モデル〜2013年モデルまで共通の替刃です。
(2014年モデルでは刃にほんのちょこっと改良が加えられた)

ぶっちゃけ替刃が共通なので2011〜2013年のモデルはほぼ同じ性能です。
(2014年モデルも大差無いけど。)


↑中身はこんな感じ。


↑外刃の内側。

ちなみに、2011〜2013年モデルまで共通で使えるこの替刃ですが
2013年に若干改良が加えられて・・・


↑左が旧型のES9171(セット品だとES9030)で、右が新型のES9173(セット品だとES9032)。
よ〜く見ないと違いが分かりませんが・・・


↑中央の刃がより細くなっていました。
(他にも違いがあるのかも知れないけど、せきねさんが気が付いたのはコレだけ)

2011、2012年モデルを使っている人は、新品の刃による性能回復以外に
改良されたこの外刃により今まで以上に良く剃れるようになるかも知れません。

購入した「内刃」と「外刃」をシェーバー本体にセットして・・・


↑交換完了です!

新品の替刃に交換した感想としては
古い「内刃」は本体に取り付けた時にゆるい感じがしたのに(元々は硬かった?)、新品の「内刃」に交換したらガッチリ本体に固定された感じで「外刃」を外した状態で「内刃」を動かした時の音が明らかに違いました(ブレが無くなった?)。
剃り味はもちろん新品で買った時の剃り味に戻って、大満足です。

替刃は確かに高いですが
2,3年くらい前のモデルを使っていてバッテリーさえヘタっていないのであれば
新しいシェーバー本体を買うのではなく、替刃を購入する方がお得かなと個人的に思います。
(購入時にそれなりに費用のかかる5枚刃モデルを使っている方は特に)

せきねさんは、ヒゲは薄いので
5枚刃のモデルはオーバースペックかな?とも思ったのですが
早く・良く剃れるし1度5枚刃を使うと、それ以下には戻れない感じです。

毎日毎日ヒゲを剃って
「おっさんって大変だなぁ〜」
と改めて実感するおっさんのせきねさんなのでした。

おしまい。

#####################
追記(2016/8/20):
この記事を書いてから約2年が経過しました。
(「外刃」と「内刃」がセットになった「ES9032」を買ってから約2年が経過)

改良が加えられた為なのか、約2年が経過した現在も外刃に「穴」があくようなことはなく、現在「内刃/外刃」共に長期間快適に使用できています。

ただ、これが
「従来品と比べて改良された」
おかげなのか、それとも・・・
「使っている本人が取り扱いに慣れて意識して大切に扱うようになった」
おかげなのか、どちらの成果なのかは不明です(多分「両方」だと思う)。

と言うことで、耐久性も十分ありますし「5枚刃モデル」オススメです!

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存