お子さまと「トマト」のもぎ取り体験に行く

<スポンサーリンク>

こんにちは、海老名市民のせきねさんです。
我が家は超インドア派なのでですが、奥さまがポストに入っていたフリーペーパー(リベルタ)で・・・


↑「トマト収穫(もぎ取り体験)」の記事を見つけました。

海老名市のWebサイトに詳細が載っており・・・


↑「農業に対する理解と楽しみを深める「収穫体験」」とのことで、農業とはほぼ無縁の我が家にはちょうど良さそうなイベントです。

「トマト嫌い」の我が家のお子さまに
「トマトの収穫やってみたい?」と聞いたら意外にも「うん!」と答えたので、徒歩で行ける近所なので行ってみることにしました。
(もぎ取ったトマトは「廉価(れんか)で販売」と書いてあり、スーパーで買うよりお得そうですし・・・)

そして・・・


↑現地に到着。海老名って駅前は商業施設やらマンションで急発展しつつありますが、ちょっと歩けば田んぼや畑だらけです(現状の程良いバランスが海老名の良いところで、それを気に入っている市民も多いと思うので、開発もほどほどに・・・)。

「収穫物がなくなり次第終了します」と書いてあったので
開始時刻の5分前くらいに来たのですが・・・


↑そこそこ並んでいました。

でも、ハウス(温室)は複数あって・・・


↑温室内は奥行きもありますし、人が1人歩けるくらいの間隔で何列もトマトが植えられていたので、沢山並んでいた人達も全然余裕で中に入る事が出来ました(30分や1時間遅れて来ても無くなる心配はなさそうでした)。


↑美味しそうな「トマト」を求めて温室内を進みます(いや、どれを取ったら良いのか分からずウロウロ・・・)。


↑下の方にあるトマトからだんだん赤くなるようで(重くなって下に行った?)
お子さまでも簡単に収穫出来る高さなのが嬉しいです。


↑ダイソーで買った剪定(せんてい)バサミを使って・・・(忘れたら貸してくれます)


↑トマトを傷付けないようにヘタのすぐ上の茎の部分チョッキン。
(熟したトマトだと手で軽くひねるだけで茎からヘタが簡単に取れます)


↑(食べるのは苦手なトマトでも)楽しく収穫できました♪

収穫したトマトは・・・


↑温室の出口で計量して販売されます。


↑この日は「1kgあたり400円」で購入することができました(市場価格の2〜4割引ぐらい?もぎ取り体験付きなので納得の価格でしょう)。


↑我が家は中〜大サイズのトマトを10個(約1.5kg)を取ったので600円でした(楽しくてどんどん取りたくなりますが、取り過ぎると結構なお値段になります)。

素人の我が家は何も考えずに「真っ赤に熟して、いかにも美味しそうなトマト」を収穫したのですが
計量する時に前に並んでいたベテランそうなオバちゃんは(見た目で判断)・・・


↑持参?のダンボール箱に沢山のトマトを詰めて購入していたのですが、オバちゃんが収穫したトマトを良く見ると、真っ赤なトマトではなく色が少し薄いトマトを収穫している事に気が付きました。

トマトは収穫した時に多少色が薄くても、トマト自身が出すエチレンガスによってその後も色がさらに濃くなり(追熟)、糖度もしっかり上がるそうです。

すぐに食べるのなら、もちろん完熟したトマトが美味しいのですが(品種や好みもありますが)、熟し過ぎるとぐじゅぐじゅの柔らかい状態になり割れやすくなるので、沢山買って家で数日間に分けて食べようと思うのなら多少色の薄いトマトを収穫した方がかしこいようです(オバちゃんは偉大だ・・・)。


↑トマト嫌いなお子さまも、全部ではありませんが少し食べてくれました♪
(そのままでも美味しいですが、苦手な子は「塩」を少し付けてあげると食べやすいかも)

もぎたてをそのまま食べても美味しいし、冷やして食べても美味しいし、トマトの収穫体験とても楽しかったです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存